最近増えている家族葬

subpage01

最近家族葬という言葉を耳にする機会が増えた方も多いのではないでしょうか。

毎日新聞情報を厳選して紹介しています。

大手の葬儀会社でも家族葬を行える事を宣伝していたり、今では選択肢の1つとして定着しました。

家族葬とはその名前の通り、家族やごく近い親族のみで通夜や告別式等の葬儀を行う事です。
一般の参列者を呼んでの葬儀と比べると、葬儀費用が安く済むと言われている事もあり費用負担が心配な方たちが選ばれる事もあります。また、費用とは全く別の面でのメリットもあります。一般的な葬儀の場合、参列者の人数が多いと親族は挨拶やお礼等の対応で忙しくなりがちです。通夜でもバタバタと忙しくしている親族の方を見る機会は多いと思います。その点家族葬の場合、親族のみで葬儀を行う為挨拶等の対応を行わなくても良くなりゆっくりと葬儀に参加して心から故人を偲ぶ時間をとる事ができます。



通夜では食事をつまみながら親族のみで故人との思い出話をゆっくりと語る事ができます。



そのような点からも最近は家族葬を選ばれる方も増えているようです。

ただ、1つ注意をして頂きたいのが費用の面です。確かに一般的な参列者を呼んでの葬儀と比較するとかかる費用は安くなる場合が多いです。
ただ、参列者が多い場合その分お香典等で頂戴する金額が多くなるのも事実です。そうした場合最終的に家族が負担する費用が一般的な葬儀とほぼ同じだったり、または高くなる場合もあるということは理解しておいた方がよいでしょう。