家族葬のために準備しておくお金

subpage01

家族葬の場合、お葬式にかかる費用は安くおさえられます。

一般的なお葬式にかかる費用は、120万円くらいと言われています。


さらに、お寺に払うお布施もあわせると、だいたい180万円くらいになるでしょう。
あくまで平均的な費用であり、お葬式の規模によっても費用は異なってきます。

家族葬とは、家族や親しい人だけで行うお葬式なので、告別式は行われません。

参列者の飲食代などがかからないので、費用は安くおさえられます。


準備しておくお金としては、200万円くらいあれば安心できますが、100万円くらいでも足りるケースが多いでしょう。

住宅ローンを繰り上げ返済している人は多いと思われますが、最低でも100万円くらいは手持ち金として残しておきましょう。

家族葬にかかる費用が用意できない場合でも、分割払いを利用することができます。

エキサイトニュースの専門サイトのこちらです。

30代を過ぎたサラリーマンなら、クレジットカードのショッピング枠は100万円を超えているということも多いと思いますので、クレジット決済で解決します。



葬儀業者によっては、信販会社と提携しており、葬儀ローンが利用できることもあります。
金利は高めになっていることには注意が必要です。



低金利で借りたいなら、銀行から融資を受けるのがよいでしょう。しかし、銀行から借りた場合でも、フリーローンやカードローンを利用すると金利は高めになります。


やはり、家族葬のために100万円くらいは常に準備しておくことが理想です。