家族葬の費用と注意点

subpage01

近年家族葬という新しい葬儀の形が一般化してきました。その背景には近隣住民との関係が希薄になっていることや、高齢化が進んでいること、宗教に対する考え方など様々な理由があげられます。また、家族葬のメリットとしては規模が小さい分費用が安くなるという点です。



一般的な葬儀の費用は全国的な平均で約190万円前後といわれています。
これは本葬の費用と飲食代、寺院費用の合計となります。

自分に合ったlivedoorニュースの情報が揃っています。

その中でも葬儀にかかる費用だけを見ると約120万円前後となります。

もし、家族葬で葬儀を行った場合の葬儀だけの費用は40万円から60万円前後になるようです。



もちろん規模によって大きく変動しますので一概には言えませんが、通常の葬儀より安く抑えることが可能となります。
しかし、規模が小さい葬儀になると参列者も少なくなり、必然的にお香典も減ります。

コストを抑えて家族葬にしてもお香典による補填額が減り、逆に費用が増えてしまったということもあります。

しかし、お香典をいただいた場合には、お返しをする必要がありますのでその準備や費用のコストもかかりますので辞退するべきかどうかは、しっかり検討する必要があるでしょう。次に、誰に訃報を知らせるかの問題があります。葬儀を行った後の事後報告にした場合、早く知らせてほしかったなどと言われる可能性もあります。

出来るだけ故人と遺族の意向であることをしっかりお伝えし、香典なども辞退する旨を理解してもらうようにしましょう。